今さら聞けない「ラムスキン」って?

 

素材「ラムスキン」

シャネルやセリーヌ、MIUMIUのようなラグジュアリーブランドでよく扱われている「ラムスキン」

 

セールポイントとして「極上の手触りのラムスキンを使用」などとよくお店側で言われています。

 

カーフスキンと並んで良く素材のアピールとして使われています。

何の革?

ラムスキンとは羊の革の事です。

 

恐らくここまでは皆様ご存知かもしれません。

 

同じ羊の革でも年齢によって言い方が変わります。

 

簡単に表にしました。

ラムスキン シープスキン
生後 1年未満  1年以上
柔らかさ 非常に柔らかい 柔らかい
質感 シルクのような手触り しなやかな手触り
保湿性 シープより高い  高い
価格 超高級  高級

さらに、生後半年以内の「ベビーラムスキン」という超高級素材がありますが、財布やカバンで見ることはほぼないのではないでしょうか。

 

手触りがよく、その特性にとりこになる方が多くいます。

 

欧米ではとても人気が高くブックカバーなどにも使われています。

どんな商品があるの?

羊革の財布4選

 

 

ラウンドファスナー長財布 2つ折り長財布
この写真の詳細へ この写真の詳細へ

ミュウミュウといえばこのデザイン。マテラッセシリーズは一瞬で売り切れます

ラメの輝きとエナメルの光沢にラムの柔らかさ。有名ブランドでは出せない価格帯です

 

 

ミニ財布 トートバッグ
この写真の詳細へ この写真の詳細へ

普段使いやちょっとしたお出かけように作られたラグジュアリーな財布

今でこそ様々なブランドで編みこみレザーのアイテムがありますが、こちらが元祖です

 

 

 

がま口2つ折り財布 2つ折り長財布
この写真の詳細へ この写真の詳細へ

 

 

2つ折り長財布 3つ折り財布
この写真の詳細へ この写真の詳細へ
 
もっと羊革のアイテムを探す
Amazonで探す 楽天で探す

 

このように価格帯としてはやはり若干高くなってしまいます。

 

安い物だと1万円以下もありますが、しっかりと作られているものかどうかは少し怖いかもしれません。

なぜ高いの?

流通量が多くないという事と、一枚の革から作れる量が少ないと言うことです。

 

ラムスキンは子羊のためとても小さいのです。基本的に食用にされる革を使用していますが、子羊は食用であまり流通していないので希少性もおのずと高くなります。

 

大きな牛の革であれば一枚の革で数多くの財布を作れるのですが、ラムスキンではそれができません

 

革の品質を問わないという事であれば複数個作製することはできますが、革の最高にキレイな部分のみを切り取って作る場合はできません。

 

なのでラムスキンでできたアイテムはラグジュアリーアイテムとも言われています。

モコモコの毛のヤツも羊じゃないの?

その通りです。モコモコの毛のヤツも羊です。

 

ただ、羊の種類が違います

 

モコモコ用の羊は主に寒い地域にいる羊です。「ウールシープ」と呼ばれています。

 

今回紹介している羊は暖かい地域にいる羊です。「ヘアシープ」と呼ばれています。

羊(ひつじ)革と山羊(やぎ)革は違うの?

字が似ているのでややこしいですよね。

 

質感が違い、山羊(やぎ)革の方が弾力性があり、薄く丈夫です。

 

しかし、柔らかさに関して言えば羊革の方が良いです。

 

山羊(やぎ)革については【ゴートスキン】今さら聞けない山羊(やぎ)革って何?こちらに書いています。

デメリットは?

ラムスキンはとてもとても繊細でスベスベで触り心地がよいレザーです。

 

繊細な分、傷がつきやすい側面もあります。そして、2つ折り財布などは型崩れも起きやすくなっています。

 

極上の触り心地を実現させたラムスキンですが、取り扱いも慎重にならなければなりません。

手入れは?

柔らかいラムスキンは「ラノリン」という成分が含まれているものが一番向いています。

 

ラムスキン特有の保湿力を維持、回復を助けて、柔らかさを取り戻すことができます。

 

たとえばM.MOWBRAY(M.モゥブレィ)の「デリケートクリーム」は羊革を扱っている人には非常に人気が高いメンテナンスアイテムです。

[Mモゥブレイ] デリケートクリーム ニュートラル 200ml

¥2,700~ 
詳しいページへ

匂いもキツくなくクリームを塗り込むと浸透して革の潤いが蘇ります。非常に使いやすいです。

SNS + M.MOWBRAY

このようにこまめに手入れをしていけばレザーの寿命ものびていきます

まとめ

いかがでしたでしょうか。なるべく簡単に(おおざっぱとも言いますが)説明させて頂きました。

 

希少価値が高く 、質感もよいラムスキンで作られたアイテムは贅沢でエレガンスなアイテムと言われています。

 

一度は手に取りたくなるアイテムだと思います。

 

「今さらシリーズ」はまだまだ続きますので今後ともよろしくお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください