今さら聞けないコーチ。年齢層は?価格帯は?【1~2分で分かるシリーズ】

 

1~2分で分かるコーチ

世界中で有名なブランドのコーチ。

 

おそらくアウトレットで買われた方が多いかもしれません。

 

そのくらい有名ブランドの中では安価な路線で商品を販売しています。

 

皆さんに親しみのあるブランド「コーチ」をご紹介していきます。 

誰もが手の届くブランド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Coach(@coach)がシェアした投稿

コーチと言えば世界的に有名なブランドに関わらず、手に入りやすい価格であります。

 

皆様が手にする機会が多いのは恐らくコーチの「アウトレットライン」と呼ばれる方のラインです。

 

百貨店などで販売されてある「ブティックライン」とは違い、優しい価格設定のラインです。

 

「アウトレット」と書かれていますが、傷などの「訳あり」商品ではなく「新品」商品として作られているラインです。

年齢層は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Coach(@coach)がシェアした投稿

20代から50代の働く女性には違和感なく持てます。

 

優しい価格帯のブランドとは言え大人のデザインが多くあります。

 

「大人」で「シンプル」で「優等生」なイメージのデザインが多くあり、どちらかというと「大人」寄りのデザインでした。

 

しかし、2013年にラグジュアリーブランドのロエベでディレクターを務めたスチュアート・ヴィヴァース氏が就任してからは

 

若者向けのロックなテイストを加えたデザインが増え、年齢層の幅を広げています。

アウトレットラインとは?

最初にお伝えしたようにコーチには「ブティックライン」と「アウトレットライン」があります。

 

「アウトレット」と書いてありますが、「訳アリ」商品ではないのです。

 

クロエのセカンドラインの「シー・バイ・クロエ」のように低価格ラインの事をコーチでは「アウトレットライン」と呼んでいます。

 

アウトレットに置いてあるとはいえ、全て「新品」商品であるため安心してお買い求めできます。

 

「ブティックライン」は百貨店などで販売され「アウトレットライン」の倍近くの価格で販売されています。

プレゼントで喜ばれる?

「ハイブランドをプレゼント」というより、「有名なブランドをプレゼント」という感覚になります。

 

「ブティックライン」の場合はハイブランドのような素材と価格で販売されているためブランド力がありますが、

 

大半の方は「アウトレットライン」をご購入されているかと思います。「アウトレットライン」はハイブランドよりも少しブランド力が落ちてしまいます。

 

しかし、一般の方は「どちらのライン」かの見分けはつかないため、どちらを買っても問題はありません。

どんなシチュエーションで使う?

大人で落ち着いたシンプルなデザインが多いため、仕事で使われる方が多くいらっしゃいます。

 

カジュアルに使うにしては「優等生」感が出てしまうデザインが多めです。

 

「アウトレットライン」ですと、コーティングレザーを使用した商品が多めにあるため、

 

雨の日でも使いやすいという特性があります。

どんな歴史?どんな特徴?

1941年にニューヨークで皮革工房としてスタートしました。

 

1961年にはマイルズ・カーン夫妻に買収され、野球のグロープの素材で作ったバッグで高い年齢層をマーケットにして販売していました。

 

1985年にサラ・リー社に買収されてからはレザーアイテムだけでなく総合ファッションブランドへと変貌を遂げました。 

 

1988年頃のバブル期に日本に進出し、2001年に発表されたキャンパス地をコーティングしたシグニチャー柄のバッグが爆発的にはやりました。

 

現在コーチの日本への進出規模はアメリカに次いで2番目となっています。

 

コーチについて色々議論されてはいますが、日本では根強い人気があります。

 

その議論について主なテーマとなるのが、「アウトレットへの積極的な進出」です。 

 

もはや正規店の売り上げに悪い影響を与えるほどにアウトレットに出店しています。 

 

しかし、トータルでは利益を上げ続け、ついにはケイト・スペードを買収するほどに企業としては高い評価を得ています。

 

高級路線で始まった長い歴史が今でもハイブランドとしてのイメージを保ち続け、 

 

アウトレットで出会うコーチの商品価格が「強烈なお得感」を生み「強い購買意欲」を焚きつけるのでしょう。

 

どのくらいの割引率かと言いますと、50%~80%offにもなります。

 

目を疑うような割引率とコーチというブランドイメージのギャップが売り上げにつながっていると言われています。

名前の由来は?

ハンガリーの都市名の「kocs(コチ)」から来ています。コチという都市は貴族が乗る「四輪の馬車」を開発した都市として有名です。

 

そのため、「コチ」は「馬車」を意味するものとなりました。

 

貴族など「大事な物を目的地まで運ぶ」ということから、コーチという言葉は「導く」という意味になりました。

 

そんな「コーチ」という言葉をそのままブランド名にしたのです。

コーチのデザインと価格帯は?

COACH
コーチ バッグ

大人度
かわいさ
高級感
カジュアル感

コーチと言えばこのシグニチャー柄のバッグ。高級感を感じさせるこのCのシグニチャーは今でも根強い人気があります。

セールの会場はこちら

【MAX80%off】

【数量限定あり】タイムセール

セールの会場はこちら

【タイムセール】

半額以下あり

公式サイトへ

COACH
コーチ 財布

大人度
かわいさ
高級感
カジュアル感

ハイブランドの中でもコーチの財布は王道の中の王道とされています。特にアウトレットは70%offもあり一見の価値があります

セールの会場はこちら

【MAX80%off】

【数量限定あり】タイムセール

セールの会場はこちら

【タイムセール】

半額以下あり

公式サイトへ

COACH
コーチ
ブティックライン

大人度
かわいさ
高級感
カジュアル感

魅惑のブティックライン。大人度と高級感はまさしくハイブランドの域にあると言われているラインです

セールの会場はこちら

【MAX80%off】

【数量限定あり】タイムセール

セールの会場はこちら

【タイムセール】

半額以下あり

公式サイトへ

このブランドを3行で説明

世界的なブランドだけどこの価格帯で買える。

上質な柔らかい革を使用していたり素材も上品。

働く大人の女性の雰囲気

COACH / コーチ

高品質でコスパが良い世界的ブランドです

コーチは1941年にアメリカのニューヨークでスタートしました。。

 

創業当初はレザーアイテムの工房として家族で経営していました。

 

1960年代に有名なデザイナーにデザインを委託し、キーケースやポーチなどが認められ、ハイブランドへと駆け上がりました。

 

2000年には上場し、総合ファッションメーカーとして巨大な企業へと変貌を遂げました。

 

日本でもコーチは大人気で、昔のような年齢層が高い方向けのイメージはなく、

 

前世代で人気のブランドとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

歴史も長く日本では知名度では上位に入るブランドです。

 

コーチがハイブランドと呼んでも良いかという論争があるほど、コーチの価格帯はだいぶ優しくなっています。

 

もちろんコーチもラグジュアリーブランドで指揮を任せられるような1流の人材とたくさん契約しています。

 

ただ、アウトレットでの「量を売る」戦略でブランド力が落ちてしまっているのでは?

 

という意見も良く聞かれます。しかし、しっかり売れているというのも事実としてあります。

 

利益もしっかり残し、ブランドとしても企業としても「優良」という評価を得ています。

 

プレゼントでも気軽にご購入できる価格帯ではありますが、決して恥ずかしいブランドではありません。

 

「大人度」はハイブランドとは引けを取らないのでご安心ください。

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください