【今さら聞けない】コードバンって?

2020年4月10日更新
--在庫がある新品の商品へ更新済み--

 

コードバンって?

男性へのプレゼントを選ぶときに、「男の子が好きそうだなぁ。喜ぶだろうなぁ。」っという財布があります。

 

だいたいそれがコードバン素材の財布です。

 

「光沢があって」「丈夫そうで」「男のオトナの雰囲気があって」、、、「価格は、、高いっ!高いなぁ!」っという財布があります。

 

だいたいそれがコードバン素材の財布です。

 

私たちのサイトに訪れていただける方々は気軽にサラっと見て頂いている層の方々が多いので、

 

コードバンの要点だけご説明いたします。

 

コードバンに限らず革を語りだすと数ページでまとまらなくなりますので。

コードバンって?

コードバンとは簡単に説明しますと「馬のお尻の革」です。

 

強度も牛革の2~3倍はあり、輝くような光沢もあり、汚れにも強く、

 

手入れも難しくないという良いところばかりの素材です。

なぜ高級なの?

1頭から採取できる面積がかなり少ないのです。

 

簡単に大体の面積の大きさの比較をイメージして頂きますと、

財布の量はイメージとしてとらえて下さい。どのような財布を作るかで数は変わるので。

 

このような感じで牛革に比べ圧倒的に取れる面積が少ないのです。

革のダイヤモンド

分厚い皮を削り出して中にあるコードバン繊維を取り出していきます。

 

その姿がダイヤモンドを発掘するような作業なので、「革のダイヤモンド」と言われています。

 

この説明では「んん???」「ダイヤモンドを発掘??」と思われるとかもしれません。

 

またまた簡単なイメージをして頂きますと、

このような感じになります。

 

なぜ「ダイヤモンドを発掘するかのような作業」かといいますと、

 

とても繊細で地味な作業が宝石の採掘作業に似ていることから由来しています。

 

そして、全ての馬にこの「コードバン層」があるわけではないのです。

どんどんこれから高くなる

コードバンは食用の農耕馬からとれます。

 

激しく運動するサラブレッドなどは上記のコラーゲン繊維層が失われているため、とれません。

 

以前の記事でも書きましたが、革は基本的に食用で消費されたあとの物しか使いません。

 

そのため、コードバンは馬肉の文化が根強く残っているヨーロッパで主に取れます。

 

しかし、近代化でヨーロッパでも農耕馬が減っていき、しかも、現存する農耕馬のコードバン層の面積も少なくなっています。

 

中国など世界的に革の需要が劇的に伸びているため、革全般の価格が高くなっている状況ですが、

 

他の革に比べコードバンに関してはこれからかなり高騰していくと予想されています。

 

他にも価格が高くなる理由に

  • 鞣(なめ)せるタンナーは2社しかない。
  • 革が出来上がるまでのとても長い作製期間。

など他にも要因があるのですが、

 

それはまた後日お話します。とてもとても長くなってしまうので。

女性用のコードバン財布

こちらのサイトをご覧頂いている女性の割合は80%近くあります。ありがとうございます。

 

そこで、「そんなにいい革なら女性用のコードバン財布はないの?」っと思われる方もいるかと思います。

 

実はあります。紹介していきます。

AETHER
エーテル

エーテル / ディアマンテシリーズ

大人度
カワイさ
高級感
手触り
 
代表的な財布4選
がま口長財布 がま口長財布
この写真の詳細へ この写真の詳細へ

派手な印象にならず、指先に品を添えるようなこの色は、どんな女性をも美しく見せてくれます。

桜の花びらのようなまろやかな優しいピンク色は、エーテルのオリジナルです。

キーケース 名紙入れ
この写真の詳細へ この写真の詳細へ

家の鍵や車の鍵、クレジットカード、スイカなども収納が可能の多機能キーホルダー。

洗練された大人の女性のための、最高級クラスのコードバン使用のオトナの名刺入れ。

AETHER / エーテル
「なぜ女性用のコードバンがないの?」

 

から始まったエーテルのコードバン商品作りは1年以上にわたりました。

 

日本製のコードバンと日本人の職人で製作されたアイテムは非常に美しい出来上がりとなりました。

 

2011年にエーテルのレザーブランドは東京でスタートしました。

 

デザイナーから企画者まで全員女性というレディース専門のブランドです。

 

革は主にヨーロッパから仕入れ、質が高いものを扱っています。

 

他にもツヤがある華やかなエナメルを扱っています。

 

オリジナル性がとても高いブランドです。

デメリット

  • 牛革よりも2~3倍丈夫
  • 光沢がある。
  • 汚れに強い。
  • 手入れも難しくない。

っと完璧な素材ですが、弱点はあるのかといいますと、あります。

 

他の革と同じく水分に弱く、ほっておくとシミになります。

 

そして、スムースレザー特有のひっかきキズなどが少し目立ってしまいます。

 

しかし、キズは使っていくうちに経年変化とともに目立たなくなる事もあります。

 

これらの弱点は他の革とも同じ弱点とも言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。とても美しい素材だったかと思います。

 

これから確実に値上がりしていく素材ですので、

 

気になる方はお早めにお買い求め頂いた方がいいかもしれません。

 

他の種類の革もこれから高騰していくことは予想されていますが(現在進行形で高騰していますが)、

 

コードバンは希少価値が高すぎるため、他の革よりも早いペースで高騰が進むとされています。

 

一生使える素材とも言われていますので、是非一度は手にとってはいかがでしょうか。

 

今回も最後までご覧頂きありがとうございます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください