【ハイブランドを安く買う方法】人気中古ブランド品編

 

中古品で美しく安いアイテムがほしい

こちらをご覧になっている方ははより安くブランドアイテムが欲しいと思われている方だと思います。

 

ブランド品を安く買う方法としては「アウトレット」「中古品」「並行輸入品」とあります。

 

今回は「中古品」について書いていきます。。

 

この記事のポイント

中古ブランド品は危ない?

中古ブランド品を持ってて恥ずかしくない?

中古ブランド品はどこでかったら良い?

中古ブランド品は危ない?

ブランドの中古品を買うにあたって注意することは「品質」です。

 

これを見極めることが非常に難しいのです。「個人」で販売している中古ブランド品の怖いところは「返品不可」や「ノークレーム」などの条件付で売られています。

 

そのような中で「目立つキズなし」「未使用品」など書かれているにも関わらず「写真よりも状態がひどい状態」で送られてくることがあります。

 

最悪の場合、偽物が送られてくることも実際にあります。

 

そのため「個人」から買うよりも「業者」から買うことをオススメします。ハイブランドならば中古品だとしても数万円もする事があるため、後悔はしたくないですよね。

返品が難しい?

返品はできますが、ネット通販では返品は「開封前」や「自己都合での返品は不可」など様々な条件がついています。

 

中古品が多い「メルカリ」でも、返品する場合は「双方で送料など話し合いをして返品出来たらもう一度お問い合わせして下さい」などと返品の手間が多くなっています。

 

「新品」のようにイメージ通りのものがくれば良いのですが、「中古品」の場合は開封するまで商品の「状態」がイメージ通りなのか分かりません

 

安い物であれば気持ちも切り替えられますが、ハイブランドはやはり中古品でも高いので、安心してお買い物をしたいものです。

中古ブランド品は人気なの?

ここまで中古品を買うリスクをお伝えしましたが、ハイブランドの中古品はかなり人気です。

 

「Made in Japan」の信頼性は良く取り上げられますが、世界の中古市場では「Used in Japan」と言われるほど日本の中古品は非常にキレイなものだと認識されています。 

 

日本人は商品を買ったあともとても大切に扱うため、中古品の品質は非常に高いとされています。 

 

日本国内の市場でも中古品市場自体が2兆円に迫る取引額になっています。

 

テレビのCMでも様々な「ブランド買取!販売!」など中古ブランド品店の広告をよく見ます。数億という広告費をかけても問題ないくらい中古ブランド品は人気があります

中古ブランド品を持ってて恥ずかしくない?

持っているアイテムが中古ブランド品店で買ったかどうかまでは分かりません

 

なぜならば「本物」を買っていることには変わりがないからです。

 

もともと新品で買ったのか中古ブランド品店で買ったかなんて判別は普段の生活で見極められることはありません

 

もしご心配ならば品質ランクを見てからご購入頂いたら良いかと思います。

 

中古ブランド品店では「新品」「未使用品」「新品同様」「Sランク」のようにランク分けされています。

 

特にパっと見た感じで新品に見える「新品」「未使用品」「新品同様」「Sランク」「Aランク」のランク帯のアイテムは在庫が一瞬でなくなる事が多いです。

 

このランクがどういう状態かを表にしますとこのような感じになります。このランク分けは各中古ブランド品店共通の分け方ともいっても大丈夫です。

「品質ランクを表で紹介」

表で品質ランクを見る。

新品 新品の商品です。商品の製造より、2年以内の商品。
Brand New
未使用 未使用で、付属品の欠けや保存時の状態変化などがあり。 製造より2年以上経過しているもしくは、製造年が不明な商品。また、新品だが展示品のため若干の状態の変化が見られる商品。
Unused
新品同様 ほとんど使用した形跡が見られない中古商品。
Mint
Sランク ジュエリー・時計など磨き上げを施したものや、洋服などクリーニングで綺麗になった商品。
Very Good
Aランク 多少の傷はあるが、基本的にコンディションの良い中古商品。
Good
ABランク 多少の使用感や傷はあるが、コンディションの良い中古商品。
Fair+
Bランク 日常的に使用していた感じや傷が見れる中古商品。まだまだご利用いただける状態の商品。
Fair
BCランク 日常的に使用していた感じや傷が多く見られる 中古商品。遠くから見ても劣化の分かる商品。
Recycle+
Cランク 非常に使用感や傷があり劣化の目立つ中古商品。遠くから見ても劣化のわかる商品。
Recycle

「MINT」=新品同様のという意味

「Fiar」=比較的良い状態という意味

 

 

このようにかなり細分化されています。

 

次に写真で品質ランクを比べてみましょう。

 

ルイヴィトンの同じ型のバッグを比べてみました。

 

「品質ランクを写真で紹介」

写真で品質ランクを見る。

新品」「未使用」「新品同様(中古・美品)」を比べてみました。

 

新品 / Brand new

状態 新品 定価 ¥163,080-(税込)
通常価格 ¥159,000-(税込)
定価より-4,080円
会員価格 ¥155,800-(税込)
定価より-7,280円
さらに1,558ポイント獲得
 
未使用品 / Unused

状態 表面/ヤケ、ごくわずかな汚れ 定価 ¥163,080-(税込)
通常価格 ¥158,000-(税込)
定価より-5,080円
会員価格 ¥154,900-(税込)
定価より-8,180円
さらに1,549ポイント獲得
 
新品同様(中古・美品) / Mint

状態 ハンドル&ヌメ革/バニッシュスレ、わずかなシワ
金具/わずかなスレ
匂い/あり(芳香剤)
定価 ¥163,080-(税込)
通常価格 ¥157,500-(税込)
定価より-5,580円
会員価格 ¥150,000-(税込)
定価より-13,080円
さらに1,500ポイント獲得
 

 

 

ズームアップした写真で見てもほとんど分からないキズですが、細かくランクが分けられています。

 

そのため業者さんでお買い求めになるほうが安心できるかと思います。

ならどこで中古品を買えば良い?

もっとも安心できるのが ギャラリーレア という会社です。

 

こちらはイメージと違うアイテムが届くリスクがある中古ブランド品に関しては「返品保障」があり安心してお買い求めできます。

 

この返品保障の内容がとても良く、「受け取ってからでも」「開封後に思っていたのとは違う。」という理由のみで返品ができます。

 

さらにはすぐに売切れそうなアイテムをネットで購入手続きをしても、「 店頭で受け取って」「店頭で商品を確認してから」「店頭で支払う」こともできます。

 

ネットで「これいいなぁ!でもすぐ売切れそう!」と思ってクリックして「店頭で直接見てキャンセルをする」ことも可能なのです。

 

配達以外での「受け取り」「キャンセル」も可能なので安心してご購入できます。 

 

このように「個人」から買うよりも「業者」から買うことをオススメする理由としては「安心保障」があるためです。 

 

 ハイブランドならば中古品だとしても数万円もする事があるため、後悔する選択肢はとりたくないですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?最近は中古ブランド店の品質管理がかなり高く「Used in Japan」という言葉もあるほどです。

 

新品のようなアイテム」が「中古品」として販売されているのは日本くらいではないでしょうか。

 

「若干の使用感があり」と書かれていても本当に気づかない程度だったりします。

 

周りに言わないだけで「実は中古ブランド品」を持っている方はたくさんいらっしゃいます。

 

なので「中古ブランド品」を持つことはまったく恥ずかしいことではありません。なぜならば「本物」を持っていることには変わりがありませんから。

 

中古品で買う上で大切なことは「安心感」です。正直なところご自身の「目」だけでは品質を見極めることは難しいかと思います。

 

恐しく安い価格で中古ブランド品を販売していても実は偽物だったりします。

 

返品」「返金」は当たり前に対応していて、「手続きが簡単」なところから買うことをオススメします。欲を言えばお店がある業者であればより信頼につながるかと思います。

 

楽天サイト」よりも「本店サイト」をオススメする理由としては「本店サイト」の方が安く買えるシステムをご用意してるからです。

 

楽天さんにお店側から支払うとてつない「高額な手数料」は有名です。本店サイトではそういった手数料がないため、お客様に利益を還元するサービスをご用意しています。

 

今回も最後までご覧頂きありがとうございます。中古ブランド品は安心してお買い求めできるところをお選び下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください