【キャッシュレス時代へ】もう財布はいらない?

 

もう財布は要らない?

電子決済サービスを国を挙げて推し進めている中でよく言われることは「財布っているの?」という疑問です。

 

ほんと、この業界にいるものとしては戦々恐々としています。

 

これから書くことは同じ業界方々も感じているかもしれません。

 

もはや銀行の口座すらもコンビニのATMで新しく作れるほどIT化が進んでいます。

10年後には必要ではなくなります。

順調にいけば10年も経てば、財布は「生活必需品」ではなく「アクセサリー感覚のアイテム」となると思います。

 

例えば腕時計のように1つのステータスのアイテムとなる可能性が高いです。 

 

腕時計も本来ならば携帯があれば必要はないアイテムですが、1つのステータスアイテムとして持っていますよね。そんな存在になると思います。

「なぜ今すぐじゃないの?」

っと思われるかと思います。なかなか難しいのが「紙のレシート」「クーポン」「ポイントカード」などの整理です。

 

例えば、私の1週間分のレシートです。きたない写真ですが、、

これの他に領収書を入れたら倍ちかくなります。

 

レシートの中にはクーポンの役割もあるものもあるので、レシートを反射的に受け取ってしまっています。

 

主婦の方仕事のお付き合いが多い方は分かるかもしれませんが、あっという間に財布の中がレシートで埋まってしまいます。

 

せっかく電子決済をしたのに紙のレシートを渡されるという矛盾が多くありますよね。

 

完全に電子レシートにするためにはクリアしなければならないお店側の課題やお客様側の手間が多いため、財布が要らない時代は5~10年後くらいかなとは感じています。

 

世の中の経理職やさらには税理士さんすらも激減するとも言われるほどにお金の流れは自動化されています。

 

海外ではどうなの?

では、キャッシュレスやネットが日本よりも発展しているアメリカや韓国ではどうなのかといいますと、女性の場合はしっかり財布を使っています。男性はマネークリップを使用している方もいます。

 

紙のレシートは出てきますし、キャッシュレスとはいえカード社会ですので、カードのための入れ物は必要になります。

 

「中国では最近全部スマホ決済してるのじゃないの?」っと思われるかもしれません。

 

中国では道端に座っている人への寄付ですらスマホ決済していますよね。あのようになれば財布はいらなくなります。

これからどんな財布を買ったらよい?

いつも通りお好きな財布で良いとおもいます。

 

「キャッシュレス化だから、もう長財布はいらない!」っという方はいらっしゃいます。

 

そういう方には代案でミニ財布であったり、マネークリップであったりオススメしています。私なりに少しアイテムをご紹介致しますと、 

ここから「ミニ財布の紹介」

ミニ財布

ミニ財布4選

 

 

カルトラーレ カルトラーレ
この写真のページへ この写真のページへ

コインは20枚~30枚は収納可能で、お札は10数枚程度であれば楽に収納できます

シャンパンゴールドをベースにしたエレガンスシリーズ。女性から圧倒的支持

 

 

エーテル エーテル
この写真のページへ この写真のページへ

花びらにちりばめたラメは、同じ革でも表情の違いを生み出します

愛らしいさくらの花びらを表現されたレザーは柔らかい触り心地の質感

 

 

 

フルラ ケイトスペード
この写真のページへ この写真のページへ

 

 

ミュウミュウ フェンディ
この写真のページへ この写真のページへ
 
もっとミニ財布を探す
Amazonで探す 楽天で探す

ここから「マネークリップの紹介」

マネークリップ

マネークリップ4選

 

 

レディース レディース
この写真のページへ この写真のページへ

胸ポケットやズボンのポケットにも楽々収納できます

アコーディオンスタイルのクレジットカードウォレット

 

 

メンズ ユニセックス
この写真のページへ この写真のページへ

財布型のカードケース&取り外し可能なメタルマネークリップ

本革スティングレイを使用したマネークリップウォレット

 
 
もっとマネークリップを探す
Amazonで探す 楽天で探す

このような感じでカワイくてカッコいいアイテムはたくさんあります。

 

私個人の意見とすれば、まだ「大は小を兼ねる」時代かなとは思います。

 

なんだかんだで無意識に財布に入れるものが多いのです。現状ではですが。

 

レシートの他でいえばポイントカードクーポンです。もっとお手軽になってくれたらなとは思います。

 

クーポンサイトやアプリのダウンロード、またはお店のライン登録したり、最近は財布の中とともにスマホ画面もさまざまなアプリで渋滞している状態だったりします。

 

そして、どのアプリの影響か分からないままナゾの恐ろしい電池消費量が起こります。

 

アプリがもっとお手軽になる日がくれば財布の需要は激減するでしょう。

 

割り勘のアプリもありますが、結局現金の方がまだ割り勘の回収が早くてお手軽なんですよね。

 

しかし、10年あればもっと自動化され現金が必要なくなるとは思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

近い将来には財布はいらなくなると言いつつも、現状はまだいるのじゃないかなぁという個人的な意見です。

 

全てをスマホでできるようになればいいのですが、まだまだ全てが電子化されていない状況です。

 

私自身の願望とすれば名紙も電子化してくれないかなぁっと思います。

 

名紙管理アプリもありますが、名紙を写真に撮る作業もめんどくさいですよね。

 

名紙も写真にとった後は現物を見る事なく、数年後には申し訳ないですが処理してしまうという悲惨な状況です。

 

電子化が進み10年後には手ぶらで出社するどころか、出社する必要もなくなっていると思います。実際すでにそういった企業が増えています。

 

どの道外出の際にはバッグのような入れ物は必要になります。

 

電子化によって様々な生活スタイルが変わっていく中で、財布がどういったポジションになるかは楽しみなところではあります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください